下松市南花岡F様邸

0
    さくら工務店では高気密高断熱の上のパッシブデザインハウスに取り組み『自然の恩恵と小さなエネルギー』で『夏涼しく、冬暖かく、自然の光で明るい』住まいをご提供しています。そうすることによって、最小限の省エネ設備で快適に暮らせ、イニシャル、ランニング、メンテナンスのコストを抑えることができます。
    ここではランニングコスト、実際の電気料金を掲載!ぜひ使用料金に着目してみて下さい

    *******下松市南花岡f様邸*******

    ☆☆☆☆☆今月のエネルギーコスト☆☆☆ ☆


    ☆☆☆☆☆☆年間エネルギーコスト☆☆☆☆☆☆




    《エピソード》

    土地は、条件付きで出させていただいた土地でした。
    敷地は50坪ほど、十分な広さでした。
    しかし、やっぱり南花岡では、まだ、土地は南西方向を向いてしまっています。朝日を取るべきか、夕日を取るべきか最終的には、朝日をとりました。
    ご主人のお仕事が交代制というのが朝日を取る方をご提案した最大の理由でした。



    住宅ローンのことばかり考えられていらっしゃるお客様でした。
    まあ、通常はそのような方が多いのは当たり前なのですが
    毎月毎月の支払いは、水道光熱費まで含めて考えないといけませんよと、アドバイスをさせていただきました。
    このようなアドバイスをきちんと聞いてくださるお客様は、住んだ月から得をします。



    とはいえ、建物のコストのことを何も考えなかった訳ではありません。もともと、お客様には『30坪あれば、ゆとりを持って5人暮らせますよ』とおはなしさせていただいてます。だから、シンプルでコンパクトな家をご提案しました。
    まずは、建坪15坪の総2階でご提案!
    その為、1階の廊下はゼロにしました。



    そして、家事動線を1本減らすために、対面ではなく、横並びのキッチンダイニングに。
    和室は広く使えるように、オープンに!でも、暖冷房の空間が広がってしまった為、お隣の目線を切るためにも、地窓と高窓にし、開口面積を減らし保温性を上げつつ、立体通風(温度差換気)ができるように工夫しました。



    真南ではありませんが、朝からお昼頃まで日が入る、南東の大開口窓で、冬はしっかりと暖かい日差しを入れ、春秋も、自然の光で明るいLDKにしました。



    逆に夏は日射しをしっかり遮断できるようにシェードをご提案しました。
    夏の朝日は、昼の日より日射熱が強くかつ、性能の良い家は、保温力が高いため、一度入ってしまった熱を逃がすことができず、夜暑くなってしまいます。
    外の日よけ部材は欠かせません。




    水廻りには、タオルや洗剤などが、たっぷりおける収納をご希望で、造作させていただきました。
    浴槽はもちろん断熱浴槽、断熱蓋です。


    キッチンダイニングを横並びにしたことで、和室で遊ぶお子様を、ほどよく見守ってあげることができるようにしました。



    階段はリビング階段。ニッチは、施行中のご要望でおつけしました。



    階段手すりは、ご要望で大容量の本棚に。居室のスペースを広く使う工夫です。



    そして、交代制のご主人を起こしてしまわないように、ウォークインクローゼットは、寝室から切り離しました。

    南西方向には、ほとんど窓をつけず、2階も西日対策と、ご主人が昼間ゆっくり寝られるように南西にウォークインクローゼットを配置し、日射しと音を遮りました。
    道や建物の間をすり抜けやすい風向きだったため、風をとらえる縦滑りの窓にしました。

    我慢せず快適でエコな家、きっとご満足頂けていると思います。

    光市岩田 N様邸

    0
      さくら工務店では高気密高断熱の上のパッシブデザインハウスに取り組み『自然の恩恵と小さなエネルギー』で『夏涼しく、冬暖かく、自然の光で明るい』住まいをご提供しています。そうすることによって、最小限の省エネ設備で快適に暮らせ、イニシャル、ランニング、メンテナンスのコストを抑えることができます。
      ここではランニングコスト、実際の電気料金を掲載!ぜひ使用料金に着目してみて下さい

      *******光市岩田 N様邸*******

      ☆☆☆☆☆今月のエネルギーコスト☆☆☆ ☆


      ☆☆☆☆☆☆年間エネルギーコスト☆☆☆☆☆☆




      《エピソード》

      敷地は分筆からスタート
      畑を残しながら、費用が抑えられ
      となりの、大きな桜の木が家の中から、眺められるように、、、と。

      朝日の入る、気持ちのいいLDKと
      子供室にしたいというご要望がまず第一でした。



      玄関には、手洗いが欲しいというご要望でした、それならと、おもてなしができる玄関をと、ご提案させていただきました。



      これなら、片付いてない時の急な来客があっても安心です。



      土間収納は、クローゼットや黒板を隣接し、通り抜けできるようにご提案しました。収納面積を減らすためにクローゼットは2段にし、上段は引き下ろすことができます。



      将来的には、夫婦二人で一階で暮らせるような家で、やっぱり、家で過ごすのが一番いいよねって、家族で言える家にしたいというお話でした。

      だから、旅館のような雰囲気の寝室を提案しました。





      リビングは家具を置かなくてよく、スッキリして、落ち着いた雰囲気になる、畳のリビングをご希望。

      でも、そうすると、キッチンの奥さんとリビングのご主人やお子さんとの目線が会いにくくなるので、キッチンダイニングを2段ほど下げることにしました。



      こうすることで、ご家族やお友達が来た時でも、ソファーがなくても、段差を利用してすぐに腰掛けられるようになりました。

      キッチンダイニングを横長に配置することで、家族を感じ、目線が会い、春には料理を作りながら、食べながら、桜を眺められるキッチンダイニングになりました。



      2階には、子供部屋と常にコミニュケーションが取りやすいように、ファミリースペースと書斎をご希望でしたので。

      こちらも、壁にかかった一枚の絵のように、FIXの窓で桜を眺められるようにデザインしました。



      吹き抜け等で、非常に広い空間になって、冷暖房の負荷が多くかかってしまうところを、性能とキッチンダイニングの土間の日射熱利用暖房でカバー



      日射熱利用暖房の土間は、冬の暖かい日差しの熱を貯めるだけでなく。
      夏の室内の熱を吸収して、室温の上昇をなだらかにしてくれる効果もあるため採用させていただきました。

      その結果が、エネルギーコストに現れていると思います。

      事前にご予約いただければ、見学もさせていただけます。

      SAKURA◇22.5°Plus

      0






        Passive-Design House 新築 1

        1
        Step 1 土地探し

        土地探しのサポートはもちろん、土地情報以外の諸経費もしっかり確認

        夢のマイホームの第一歩、土地探し!

        一緒に探しますので気軽にご依頼ください。

        その他にも、候補地はあるけど…掲載されている土地情報以外にお金がかかりそう!

        いくらかかるかな?など。

        土地の検討の段階からお手伝いさせていただきます。

        一見、イマイチかな?と思っていた土地が長い目でみると良かったりすることも







        Passive-Design House 新築 2

        0
          Step 2 プランニング
          【1 配置と形状!】

          土地購入前に相談!周辺環境込で必ず検討!

          土地の目に見えない法的な規制の確認や、

          変形地や狭小地などの駐車スペースの事前検討などはもちろんのこと。

          周辺環境を、夏至の日当たりと冬至の日当たりでしっかり確認し、

          その土地にどのように建物を配置するのが、最も日当たりが良いのか、

          また、どのような形状で建てるのがベストなのか

          シミュレーションするところから

          プランニングスタートします。


          | 1/26PAGES | >>


          ©2015 株式会社 さくら工務店. All Rights Reserved.